About


(English follows Japanese)

奥野ヤスミン

(エキゾチックパフォーマー)

西東京生まれ。武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。

美大入学とともに踊り始め、在学中にインドネシア国立芸術大学デンパサール校へバリ舞踊留学。バリ島、東京で舞台に立つ。帰国後、ベリーダンス、ジャズダンス、バレエ等を学ぶ。2004年より国内外でソロのダンスパフォーマンスを始める。2011年より日本舞踊、剣舞、茶道などを学び、また芸者として日本の伝統文化への理解を深める。「和の美しさ」と西洋人の描くファンタジー「極東JAPAN」を織り交ぜてエキゾチックに仕立てたパフォーマンスを主軸に、モデルや映画への出演等、活動している。

出演:
2012 NHK大河ドラマ「平清盛」白拍子役
2017 中村高寛監督映画作品 「禅と骨」芸者役

資格:
全国きもの文化教育協会着装一級講師
NOSSインストラクター

yasmin Okuno

(exotic performer)

Born in Tokyo, Japan.
She started dancing during her time at art university in Tokyo.
2000 She attended Indonesian institute of arts Denpasar in Bali for Balinese dance.
She also studied belly dance, jazz dance, ballet in Tokyo.
2004 She started solo performance at home and abroad .
2011 She started studying Japanese traditional dance(kabuki dance), Japanese sword performance, “Sado(traditional tea ceremony)”, and also attended as traditional Geisha.
Japanese exotic performance mainly, she is flourished as a model and actor.