Joseph Marzolla performance at ûma et merdre…

2011年11月13日(日)
ûma et merdre

日独交流アートプロジェクト「wir kinder vom ueno zoo」のため
初来日中のベルリン在住フランス人アーティスト、Joseph Marzolla氏のパフォーマンスに参加しました。

古いシャーマンの写真にインスパイアされたというインスタレーションとオープニング・セレモニーの様子を。

数日前、外国人アーティストのパフォーマンスでシーツをかぶるらしい、というアバウトな事前情報でお誘いいただきました。聞いただけで面白そうです。

ゴースト的なパフォーマンスは2004年くらいに、「詩人の朗読と私」とか「夢野久作の朗読と私」とか、青い部屋で知り合ったアーティストとコラボレーション的なことをしていました。その時はベリーダンスの動きをベースに、空気の不協和音とか不穏さや神秘性を絡めたようなパフォーマンスを。

「古いシャーマンの写真にインスパイアされてこの作品をつくった」という、純粋な動機にすごく納得。そのノイズの入った写真が神秘的で妖しくて、私もシャーマンという超越した存在を知りたいと思いました。それにちょっとシャーマンになってみたい。

「シャーマン」と「シャーマニズム」いうキーをちりばめた映像、ドローイング、ポートレイト、立体、空間、パフォーマンス、作品には情熱と愛がこもっていて、とても面白かったです。

そしてシャーマンに扮した20分ほどパフォーマンスは、踊っている時間がいちばん自由で、ピュアな感覚に感動したふわふわとした優しい時間でした。

 

◎Joseph Marzolla(ジョセフ・マルゾラ)

フランス出身、ベルリンとアイスランドを拠点にするアーティスト。
音楽、ドキュメンタリー、パフォーマンス、彫刻、インスタレーション、ドローイング、写真… 固定した表現形態には囚われない。
「存在しない何かを情熱的に信じることによって、私たちは創造する」

http://josephmarzolla.com/

 

◎wir kinder vom ueno zoo

ベルリンと東京を拠点とする日本人アーチスト花代と東京在住のドイツ人写真家Sebastian Mayerによる日独交流プロジェクトです。
ドイツで活躍する新しい世代のアーティスト、音楽家、思想家などを東京に点在するオルタナティブアートスペースを通して紹介することによって多くの架け橋 を生みたいと考えます。新世代のアーティストとスペースが、このプロジェクトを通して出会い、既成にとらわれないアートイベントを共に作り上げる事で、両 国の理解を深め、来年、再来年へと継続可能な文化交流のプラットフォームを築いていくことが目的です。
(wir kinder vom ueno zoo 公式サイトのコンセプトページより抜粋)

http://www.uenozoo.de/index.php

 

◎café & shop ûma et artist-run-space MERDRE

(カフェ アンド ショップ ウーマ エ アーティスト ラン スペース メルドル)は、府中競馬場のかたすみにある純和風一軒家の中にあるカフェギャラリーです。雑貨カフェûma(ウーマ)と多目的スペースmerdre(メル ドル)のふたつで成り立っています。
(café & shop ûma et artist-run-space MERDRE 公式サイトより抜粋)

http://www.uma-merdre.com/